ラテン語講読:キケロ『友情について』


 友に会いたい・・・

 

ラテン語講読

キケロ『友情について』

月曜日 19:30~21:00

<教材>

J.G.F.Powell, M.T.Ciceronis: Laelius  De amicitia,

Oxford 2006.(校訂版:必要箇所をこちらで用意します)

G.Stock, Ciceronis Laelius sive De amicitia, part II notes, Oxford 1893(注釈書:ネット上で閲覧できます)

講師:堀尾 耕一

 

[ 3月 1,8,15,22]

 

春学期(4〜6月)全10回

4月 5,12,19,26

5月 10,17,24

6月 7,14,21

 


対話編の体裁で友情をテーマに繰り広げられる、キケロの代表的な論考。ラテン語散文のお手本とされる練り上げられた文章は、けっして読みやすいとはいえませんが、一字一句、少しずつ噛みしめるように読み進めることで、ラテン語という言語の持つ可能性にあらためて気づかされることでしょう。困難な時代にこそ真の友情が求められ、またその価値がいっそうの輝きを放つに違いありません。

今期は第65節から読み始めます。



年間スケジュール

 

春学期:4、5、6月

夏学期:7、8、9月

秋学期:10、11、12月

冬学期:1、2、3月

受講料

 

毎週の講座:各学期10回分につき 25,000 円

隔週の講座:各学期 6回分につき 15,000 円

 

学期ごとに銀行振込にて前納をお願いしております。

教材

 

教材は基本的に各受講生においてご準備ください。洋書に関しては、Amazon など通信販売によって容易に入手することができます。どうしても調達が難しい場合にはご相談ください。


横浜古典学舎

yokohama@humaniores.org

 <事務局>  

   〒183-0055

   東京都 府中市府中町 1-27-7-201


東京古典学舎