ギリシア語講読:トゥキュディデス『歴史』


力と力の狭間で生じる弱小国の「内乱」のうちに大戦争の本質を見てとった史家の診断は、

21世紀を生きるわれわれにとっても、(残念ながら!)決して遠い話ではないようです。

 時代は変われど人間の・・・

 

ギリシア語講読

トゥキュディデス『歴史』

金曜日 19:30~21:00

 

<教材>

H.S.Jones ed. Thucydidis historiae, Oxfrd Classical Texts, 1942. <校訂版>

(必要箇所のコピーを用意します)

 

C.E.Graves ed. The Fourth Book of Thucydides, Macmillan, 1884. <注釈>

 

講師:堀尾 耕一

 

春学期(4〜6月)全10回

4月 8,15,22

5月 6,13,27

6月 3*,10,17,24

* 5/20は休講、6/3を授業日とします。

 


前5世紀後半、アテナイおよびスパルタをそれぞれ盟主に戴き、ギリシア世界を二分して戦われたペロポネソス戦争。自身も途中までアテナイの将軍職にあって、その成り行きをつぶさに目撃したトゥキュディデスは、人間社会の存立基盤そのものを揺るがす事態が眼前で進行しつつあることを確信し、筆をとります。同時代に媚びるのではなく、世々の遺産たるべく綴られたという本書は、若き日のホッブズに多大な影響を与えるなど、西洋の政治思想史を語るうえでも重要な古典となっています。また、思考そのものが凝縮されたようなそのギリシア語は、古典語学習者が一生をかけて取り組むに値する高峰といえるでしょう。

ただいま第4巻中盤、シケリアの結束を訴えるヘルモクラテスの名演説を読み終えました。



年間スケジュール

 

春学期:4、5、6月

夏学期:7、8、9月

秋学期:10、11、12月

冬学期:1、2、3月

受講料

 

毎週の講座:各学期10回分につき 25,000 円

隔週の講座:各学期 6回分につき 15,000 円

 

学期ごとに銀行振込にて前納をお願いしております。

教材

 

教材は基本的に各受講生においてご準備ください。洋書に関しては、Amazon など通信販売によって容易に入手することができます。どうしても調達が難しい場合にはご相談ください。


横浜古典学舎

yokohama@humaniores.org

 <事務局>  

   〒183-0055

   東京都 府中市府中町 1-27-7-201


東京古典学舎